【洗いすぎNG】ワキガの脇の正しい洗い方・間違った洗い方を解説

このページでは、ワキガの脇の正しい洗い方(基礎編)、間違った洗い方、応用編としての入浴方法や洗い方をご紹介していきます。

 

間違った洗い方はワキガを悪化させてしまう可能性もあるので、以下を参考にしていただけますと幸いです。

 

管理人

 

個人的には、ワキガ専用のボディソープもある、クリアネオデオシークでクリームとソープのセットでケアされることをおすすめします。ワキガだとデリケートゾーンの臭いも強いケースがあるので、すそわきが対策もできて、お得です。

 

ボディソープのレビューもしてますので参考にチェックしていただければと思います。


 

 

 

 

基本編|ワキガの正しい脇の洗い方5つのステップ

ワキガデオドラントのノアンデの資料を参考に、ワキガの場合の基本的な脇の洗い方をご紹介します。

 

基本は以下の5スッテプで洗えば十分綺麗になり、肌にも負担になりません。

 

 

1、シャワーで脇をほぐす

39度程度の少しぬるめの温度で、シャワーを脇にあてて脇を温めます。

 

温めることにより毛穴を開かせます。同時に水圧によって脇の毛穴に詰まった汚れを落とします。

 

 

 

2、ボディーソープを泡立てる

ボディーソープを泡立てます。

 

このときできるだけ細かい泡になるように泡立てネットを使用することをおすすめします。また、基礎編でのボディーソープは何でもいいですが、より肌に優しいものが良いでしょう。

 

市販の安いボディソープは洗浄成分が合成界面活性剤で、皮脂を必要以上にとりすぎてしまったり、必要な皮膚常在菌の善玉菌も洗い流してしまい、感想や炎症を引き起こす可能性もあるので、出来ればクリアネオパールデオシークボディソープのような専用のデオドラントソープの使用を推奨します。

 

 

 

3、脇を泡でパックするイメージで洗う

きめ細かい泡を作ったら手ですくい、素手で脇に付けます。そのまま手を使って優しくパックするように脇をいろんな角度から洗います。

 

脇の毛穴は縦横無尽にいろんな方向に向いています。一つひとつの毛穴をきれいにするイメージで洗っていきましょう。

 

 

 

4、泡を少しも残さずに洗い流す

次は綺麗に洗い流します。

 

泡が残っていると雑菌が繁殖してしまいます。ステップ1の時と同じようにシャワーで約1分程度丁寧に洗い流しましょう。

 

 

 

5、タオルでやさしく拭きとって完了

最後も気を抜いてはいけません。

 

タオルドライで水分をふき取るんですが、ここでもゴシゴシは禁物です。やさしくトントンするイメージで水気をふき取って完了です。

 

後は、脇が乾いたら当サイトで推奨しているようなワキガ向けのデオドラントを塗り、夜の対策をすると、寝ている間もワキガの元になる汗と雑菌を抑制できます。朝の脇の状態も良くなっています。

 

⇒当サイト「e-ワキガデオドラント」での評価基準をもとにした総合ランキングへ

 

夜に塗らないと、寝ている間に雑菌が繁殖して臭いやすくなってしまい、そのままデオドラントを付けても効果が弱いし持続力が落ちます。

 

 

 

以上にて完了です。では続いて、良くない脇の洗い方をご紹介していきますね。

 

 

 

洗いすぎはNG|ワキガを悪化させる間違った脇の洗い方

ワキガを悪化させる可能性もある脇の洗い方を確認しておきましょう。

 

 

脇をゴシゴシと力強く洗う(洗いすぎ)

ゴシゴシ力を入れて洗うと脇が傷つき、汗が必要以上に出るようになってしまいます。また、傷つくとかゆみやかぶれ、黒ずみや炎症の原因になってしまいます。これではワキガも良くなるどころか悪化してしまうので、要注意です。

 

また、洗いすぎは必要な皮脂や常在菌まで除去してしまうので、ワキガを悪化させる可能性もあります。

 

 

脇を温めることなくいきなり洗ってしまう

脇を洗う際は毛穴が開いている状態で洗わなければ汚れが落ちにくいです。

 

脇を温めずに、毛穴が開いていない状態でいきなり洗っても毛穴の汚れが落ちにくいので、最初に「予シャン」するイメージでシャワーで温めるのがおすすめです。

 

 

石鹸・ソープを使っていないか泡立てて洗っていない

そもそも石鹸を使っていない場合や、石鹸を十分に泡立てずに脇を洗っている場合もワキガには良くありません。

 

石鹸・ソープを使わないと、雑菌や皮脂汚れはなかなか落ちません。また、使っていてもしっかり泡立てて使わなければ毛穴の奥の汚れは取り除けません。汚れが残っているとそこに雑菌が繁殖して臭いやすくなってしまうので、ワキガ臭を強くしてしまいます。

 

 

すすぎが不十分

すすぎは十分して泡を残さないようにしましょう。汚れや石鹸のカスが残っているとそこに雑菌が繁殖して臭いが強くなります。

 

 

 

 

応用編|ワキガに良い入浴方法と洗い方

基礎編とは別に、よりワキガに良い入浴方法をご紹介します。

 

汗腺を鍛えて汗量を調節|汗腺を引き締めるエクササイズ(汗腺トレーニング)

デスクワークが多い方になりがちなんですが、部屋の中は空調が効いているので、冬は暖かくて夏は涼しいですよね。この場合、汗腺が使われないので機能が弱って汗の調節ができなくなってしまうことがあります。

 

そのため、筋トレのように、汗腺を引き締めるトレーニングをすることで汗量を調節しやすくなります。

 

ここではハイネスの資料を参考に、「汗腺引き締めエクササイズ」をご紹介します。

 

 

両手・両足をお湯で温める

入浴前にするのがおすすめなんですが、洗面器にちょっと熱めのお湯(43℃くらい)を入れて、両手・両足をお湯の中で温めます。

 

10分~15分くらいあたためると良いそうです。

 

実際に私も何度かしたことありますが、結構ポカポカしてきて汗ばむくらいにあたたまります。毛穴を開く運動になりますよ。

 

入浴前にすることで毛穴も開いて、脇の汚れもスムーズに落とせるのでおすすめです。

 

 

正しい洗い方でシャワーした後は湯船でリラックス

最初にお伝えした正しい脇の洗い方を実践された後は、湯船に入って普通にリラックスしてもらって大丈夫です。

 

この時のお湯の温度はぬるめが良いです。36℃と資料には書かれていますが、もう少し熱めが良い方は40℃以下なら良いかと思います。

 

10分~15分程度つかります。

 

※入浴時、湯船にお酢を入れると殺菌効果によってワキガを含む体臭予防になります。ただ、そこまでの効果は無いので、気になる方はお試しにどうぞ。

 

 

上がったらやさしくタオルで水気を拭く

ここの最初にご紹介しましたが、入浴後はタオルでやさしくトントンしながら水気をとっていきます。

 

注意点としては乾いてから、服を着ることです。脇が乾いていない状態で服を着ると熱がこもって雑菌が繁殖しやすくなるので、乾かすようにしてください。

 

また、デオドラントを脇に塗る際も、乾いてからデオドラントを塗り、更に乾かして服を着てください。

 

 

後は水分補給したら完了

あとはゆっくり休んでください。

 

また、入浴によって汗をかいているので水分補給はお忘れなく。コップ1杯分のお水や消臭効果の高いリンゴ酢など飲まれても良いかもしれません。

 

この流れを「2週間毎日継続し、1週間安む」というクールにして、汗の出る量に変化を感じることができれば効いてきている証拠です。

 

 

 

専用のデオドラントソープで洗う

基本編でも少しお伝えしましたが、市販で売られているような合成界面活性剤の洗浄剤で作られたボディソープや石鹸は乾燥を招きます。

 

乾燥を招く原因は以下の通りです。

  1. 必要な皮脂まで取り除いてしまう
  2. 必要な皮膚常在菌(善玉菌)まで取り除いてしまう
  3. 洗浄力を良くするために肌の保湿機能を破壊して浸透させてくる
  4. 保湿・整肌成分が含まれていない
  5. 高刺激な添加物が含まれているケースが多い

一見肌にやさしいと言っているボディソープも成分を見てみると残念なケースも多々あります。

 

そこで、一番安心なのはわきが(すそわきが)専用のデオドラントソープです。

 

その中でも当サイトでは実際に私が使ってみたクリアネオボディソープとデオシークボディソープを推奨しています。肌にやさしい洗浄成分と保湿・整肌効果のあるエキスや黒ずみ予防成分など肌を整えることができる原材料で作られています。

 

各ページにて詳しく解説していますので、そちらを参考にしてみてください。

 

 

【関連記事】クリアネオボディソープの成分と実際に使ってみた効果・感想など書いています。特にデリケートゾーンの臭い対策もしたいという方におすすめです。⇒クリアネオパールボディソープを使った私の口コミと効果

 

【関連記事】デオシークボディソープは医薬部外品で、有効成分として抗炎症「グリチルリチン酸ジカリウム」、殺菌「イソプロピルメチルフェノール」が含まれています。効果効能が認められているボディソープが良いという方におすすめです。⇒デオシークのボディーソープ口コミレビュー

 

 

まとめ|ワキガの脇の洗い方で重要なのは優しく汚れを除去する事

ワキガの脇の洗い方では以下の洗い方が正しいとお伝えしました。

 

  1. シャワーで脇をほぐして毛穴を開かせる
  2. しっかり泡立ててパックするように手で洗う
  3. しっかり洗い流して泡を残さない
  4. タオルでやさしくふき取る

 

基本的な事ではありますが、簡単ですので、まずは基礎編でお伝えしたことを守ってケアしていただければと思います。

 

間違った洗い方では、脇を傷つけたり乾燥によってワキガの悪化を招きますので、もし当てはまる方はすぐにやめましょう。

 

また、応用編でもお伝えしましたが、しっかりケアしたい方はワキガ専用のデオドラントボディソープもありますので、そちらを検討してみてください。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 


※全部のデオドラントをエクセルにまとめて徹底的に調査しました


当サイトではワキガ対策に人気のデオドラント全45種を、抑臭・制汗・整肌・低刺激・価格(コスパ)を基準に沿って比較し、S~Eランクまで評価を付け、ランキングにしています。どのデオドラントを選べばよいか迷うという方はこちらをチェックしてみてください。

↓ S~Eのランク付けへ移動します ↓




絞り込み検索リセット